ミントンの食器は高値で買い取ってもらえる?

mintonミントンは、イギリスの食器ブランドです。トーマス・ミントンという人物によって1793年に創始されました。ミントンはもともとは食器の製造ではなく複製に携わる仕事をしていました。しかしあるときから自分も作り手に回りたいと考え、ミントンは食器作りのノウハウを学び、会得してきた技術を活かして食器制作をスタートさせました。そんなトーマス・ミントンが特に心がけたのは、装飾性が高く優美な食器を作ること。そのスピリットは現在でも受け継がれており、多くの人を魅了しています。また、トーマスのあとを継いだ2代目のハーバード・ミントン、そして3代目のコリン・ミントンはさらなる工夫を施し、積極的に新しい技法なども取り入れてブランドを発展させました。
そんな中、19世紀のイギリスに君臨していたヴィクトリア女王はミントンの食器を愛好し、「白磁としては世界でいちばん美しい」と称賛の言葉を惜しみませんでした。

さて、そんなミントンの食器について、
「家にあるものを売りたい」
「高い値段で売れたらいいな」
と考えている方もいらっしゃるでしょう。
そこでここでは、
・ミントンの食器を高く売るためには?
・ミントンの中でも特に高く売れる食器とは?

について解説します。

高価買取が期待できる人気シリーズについて

ミントンの食器の中でも、特に高い人気を誇るシリーズのものは、高い値段で売買されています。
中古であったとしても需要が高いので、高価買取が期待できます。
では、どんなシリーズのものが高い価値を持っているのでしょうか?以下にまとめてみました。

ハドンホール

ミントンを代表するシリーズのひとつとして知られているのが、「ハドンホール」です。
「ハドンホール」というのは、イギリスの邸宅の名前から取られたもの。イギリスの中部にあるベイクウェルという都市の郊外に「ハドンホール城」と呼ばれる邸宅があり、これが名称の由来となっています。
邸宅が名前の由来になっているのは、「ハドンホール」の食器はすべて、ハドンホール城の中にあるタペストリーや壁画の絵をデザインとして取り込んでいるからです。
古い邸宅であるだけに、壁画もタペストリーも気品のある美しい絵ばかりであり、「ハドンホール」もその優れたデザイン性の高さが評価されています。

ダイナスティ

ミントンというブランドにおける最高級シリーズとして知られているのが「ダイナスティ」です。
金彩をふんだんに使用しているのが大きな特徴で、純度が高い黄金をたっぷり使って贅沢な装飾を施し、「ダイナスティ」ならではの唯一無二の存在感があります。
高級感の高さもあり、ミントンの食器の中では特に高い価値を誇ります。

ミントンのおすすめ買取方法とは?

いかがでしょうか。
イギリスの食器ブランドのミントンは、ヴィクトリア女王も魅了した唯一無二の美しさを誇る食器を数多く手がけています。
中でも、特に今回紹介したようなシリーズの食器であれば、需要が高いので高価買取が期待できます。

ところで、そんなミントンの食器を売却するときは、食器買取の業者を利用するのがおすすめであるといえます。
食器の売却は現在、ネットオークションやフリマアプリなどを利用すれば個人でも行うことができますが、結局のところは素人同士で売り買いをすることになるため、適正な価格で買い取られないことも少なくありません。
また、早めに売ってしまいたいのになかなか買い手が付かないということも考えられます。
その点、買取業者のサービスを利用すれば、食器の価値を見きわめるスキルと経験を持った査定士に見てもらうことができるので、価値に見合った適正価格で買い取ってもらうことができます。

タイトルとURLをコピーしました